« 軍艦アパート未発表作9 | トップページ | NICE NIGHT FOR A WALK 2 »

2007年12月 2日 (日)

軍艦アパート未発表作10

_mg_4383

「7号棟から8号棟を望む」

軍艦アパートの特徴である出し屋は、古い年代に作られたと思われる色あせた物件をみると、ある程度の規格性が感じられたから、手作りではなく正式な大工仕事だったと思われる。

とくに大きく張り出した出し屋は、一階が二階を、二階が三階を支えるような構造になっていたりするが、そういう力学的な法則を無視した大胆な出し家もあって、大阪弁なら「これ、ええかいな?」と叫んでしまいそうになる。

しかし、たいていの出し屋はこじんまりとささやかで、ひとことで言うと「かわいらしい」。このかわいらしい一戸一戸に灯りが点り、たくさんの家族がわいわいと暮らしていた頃を思うと、なぜだかほほえましい。

奥に煌煌とみえるマンションの清潔なたたずまいは、あまりにも対照的だが、昔ほどの子だくさんは減ったとはいえ、いまも変わらぬ営みの場所である。

|

« 軍艦アパート未発表作9 | トップページ | NICE NIGHT FOR A WALK 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146463/17246751

この記事へのトラックバック一覧です: 軍艦アパート未発表作10:

« 軍艦アパート未発表作9 | トップページ | NICE NIGHT FOR A WALK 2 »