« 堺市七道東町(2) | トップページ | 箕面市粟生間谷 »

2006年2月20日 (月)

大阪市東淀川区西淡路

わたしはバイクの免許しかもっていないので、移動はおもに電車かバスだ。
乗り物から眺めるいつもの光景は、代わり映えしないものだが、冬の曇空から一瞬差しこむ斜光線は、上質のモノクロプリントを見ているようでうつくしい。
たまにカメラを取り出して車窓から外を覗いてみる。
そのムービーめいた見え具合そのものが心地よい体験である。それを一枚の写真に定着させることは、すくなくともわたしにはできない。

それは、電車が新大阪駅に停車する直前だった。
線路沿いに、なにかオモチャの家みたいなものが視線に飛び込んできたのだが、降りてたしかめることはできなかった。
後日、その場所を訪れた。そのハウスは9割がた完成しており、その材料から発する甘い香りがわたしを出迎えた。
夜間なので、家人は稼業に勤しんでいるようで留守宅だったが、隣の住人に声をかけておいた。
時間がなかったので数カット撮影したのみで引き上げた。
しばらくして再撮影に訪れると、そのハウスはもちろん、まわりのホームレスハウスも撤去されてしまっていた。

しかし、そのハウスには思いもよらない場所で再会することができた。
国立民族学博物館の特別展「きのうよりワクワクしてきた」の会場だった。
これは、ほんとにワクワクする体験だった。
060221

|

« 堺市七道東町(2) | トップページ | 箕面市粟生間谷 »

コメント

こんばんは。
これはほんとにワクワクしますね。甘いにおいが漂ってきそうです。

土曜日、NADARの千葉栄子さんの個展でお会いして素敵な写真をいただいてしまったmamaと言います。早速部屋に飾らせていただいて素敵なあかるい夜に浸らせていただいています。ありがとうございました。

投稿: mama | 2006年2月22日 (水) 00時58分

mamaさん、こんばんは。

あの下寺住宅の写真を撮れるのもあと一週間です。
連日、カメラマンがおしよせていますよ。
あの写真は、そのうち何かの形で発表しますから
おたのしみに!

投稿: なかひがし | 2006年2月22日 (水) 21時58分

あと一週間かぁ~。
撮れそうにないなぁ。
下寺住宅は、日東住宅に行った際、帰りに寄っただけで、
一度も撮ったことがありません。ので心残りです。
写真みて、こんなところあったっけな~と思っています(笑)
発表、楽しみにしています!

投稿: 要 | 2006年2月24日 (金) 22時47分

下寺住宅は今日明日が最後の週末です。
わたしも今からいってきますね。

投稿: なかひがし | 2006年2月25日 (土) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146463/8762027

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市東淀川区西淡路:

« 堺市七道東町(2) | トップページ | 箕面市粟生間谷 »