« 梅田の観覧車 | トップページ | 梅田の観覧車3 »

2005年10月21日 (金)

梅田の観覧車2

観覧車内。
大阪駅前のビルの上にあるので、そこからの眺めは、ブレードランナーにでてくるスピナーに搭乗してるみたいな気分だ。

モデルはしばなぎさという役者さん。さすが、25秒間動くなといえばそうしてくれるが、観覧車自体が揺れるのだ。しかも、狭い場所なのでアシスタントははいれないし、ライティングをつくることもできないので、コンパクトストロボとアベイラブル・ライトの一発勝負。一周でブローニー1本がやっとだ。
その一本12枚のなかで、使えるのはこの一枚だけだった。
sibanagi1

|

« 梅田の観覧車 | トップページ | 梅田の観覧車3 »

コメント

何度見てもこの写真は美しい
止まっているように見える時間の刹那が写し込まれている

目線がこっちを見ていたなら、僕は本当に恋に落ち入るだろうな?(w

投稿: okajimax | 2005年10月24日 (月) 13時03分

okajimaxさん、ありがとうございます。
この観覧車シリーズも、最初に撮ったこれが一番で、あとはこれを超えられません。
そんなものですね、写真て。

投稿: なかひがし | 2005年10月24日 (月) 22時45分

ながひがしさん、はじめまして。
fotologueのpublicに投稿されている3枚のArcBodyの写真に刺激を受けてHasselblad ArcBodyでリンクを辿ってきたらこちらのブログを偶然見つけて感激のあまりコメントをさせていただいている、とそういうワケです。
梅田の観覧車1、2、3ともに本当に自分にとって久しぶりに心を射抜かれた写真でした。fotologueの正式アカウントにご招待できれば即座にそうするところなのですが、招待状を送れる上限を越えているために残念ながら力添え出来ません。(fotologue正規アカウントユーザーは2つまでの招待状を送れる仕組みになっています)今後ともなかひがしさんの写真のファンとして見守らせていただきます。
素晴らしい写真を見せていただいてありがとうございます。

tommy/大島

投稿: tommy | 2005年10月31日 (月) 04時52分

tommyさん、はじめまして。
きまぐれでamanaに貼付けてみたのですが、コメントまで頂き、ありがとうございます。
そちらのfotologue、とても素敵です。都市の浮遊感や疾走感をみせながら、静謐で、確かな技術を感じます。
このブログでは、発表済み作品をぼちぼちとアップしています。
新作は、個展に向けて待機中です。ご期待ください。

投稿: なかひがし | 2005年10月31日 (月) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146463/6497805

この記事へのトラックバック一覧です: 梅田の観覧車2:

« 梅田の観覧車 | トップページ | 梅田の観覧車3 »